2017年

8月

18日

FUNDAMENTAL RHYTHM 2017

FUNDAMENTAL RHYTHM

2017年9月16日(土)から10月1日(日)

公益財団法人 愛媛民芸館 リンク

電話 0897−56−2110

 

倉敷堤窯・倉敷ガラス・倉敷緞通

倉敷本染手織研究所・倉敷いかご

2016年

8月

15日

FUNDAMENTAL RHYTHM 2016

FUNDAMENTAL RHYTHM

2016年9月17日(土)から10月10日(月・祝)

公益財団法人 愛媛民芸館 リンク

電話 0897−56−2110

 

昨年に続き愛媛民芸館で倉敷の手仕事展を開催します。

倉敷ガラス、倉敷緞通、倉敷堤窯、備中和紙に加え

倉敷本染手織研究所、須浪亨商店 須浪隆貴さんも参加します。初日は須浪氏の瓶かご製作実演を予定

続きを読む

2016年

8月

02日

熊本国際民藝館に向けてチャリティ展を開催しました

続きを読む

2016年

7月

01日

第16回倉敷少年民藝夏期学校 いぐさでペットボトルホルダーをつくろう

続きを読む

2016年

6月

04日

まめの会 第13回 倉敷ガラス見学の回ご報告

まめの会 第13回は「倉敷ガラス見学の回」でした。小雨のちらつく中、自然に囲まれた小谷栄次氏の工房にお邪魔しました。涼しげなガラス製品とは違い、現場は炉の熱でかなり暑く体力勝負の仕事です。作業を見る事で、製品により愛着が湧くのを実感しました。

次回のまめの会は未定ですが、どなたでもご参加出来るのでお気軽にお申し込みください。

 

https://www.facebook.com/倉敷ガラス--647020898749387/

2016年

5月

24日

まめの会 第13回 倉敷ガラス見学の回

6月4日(土)15時から、倉敷ガラス工房見学の回を行います。お申し込みは下記フォームよりお願いいたします。会費500円は当日集金いたします。集合場所は後ほどメールにてご連絡いたします。 ※締め切りました

2016年

5月

09日

NHK BSプレミアム イッピン「多彩な色きらめく 〜岡山 倉敷のガラス製品〜」

5月10日午後7時30分から NHK BSプレミアムで「多彩な色 きらめく 〜岡山 倉敷のガラス製品〜」で倉敷ガラスが紹介されます。視聴可能な方はぜひご覧ください。

2016年

1月

11日

岡山県民藝協会 平成28年新年親睦会

岡山県民藝協会 平成28年新年親睦会 ご案内

日時 平成28年1月31日(日)受付 午前9時30分から 
会場 倉敷国際ホテル 桜花の間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記念講演 講師 小野 絢子氏(大阪日本民芸館学芸員)
     演題 注目される民藝とその視点
記念品説明 コースター(刈安の会)
民藝品即売会と福引き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会費 協会員7000円 非会員8000円
申し込み 倉敷民藝館、融民芸店に会費を添えてお申し込みください
締め切り 1月22日(金)
取り消し 1月26日(火)までの取り消しには全額をお返しいたします
     当日欠席される場合は代理人のご出席も可能です

お問い合わせは岡山県民藝協会(倉敷民藝館内)月曜お休み 電話086−422−1637



大きな地図で見

2015年

12月

19日

まめの会 第12回 倉敷いかご 須浪亨商店見学ご報告

まめの会2015年の締めくくりは「倉敷いかご 須浪亨商店」を見学させていただきました。いぐさを編んで作り出される丈夫な手提げかごが形になっていく工程を丁寧な説明とともに見せていただきました。

次回のまめの会は未定ですが、お気軽にご参加ください。アンケートを募集中なのでご要望などあればご意見をお寄せください。アンケートページ

2015年

12月

18日

まめの会についてアンケート募集中です

まめの会についてアンケートをお願いしたいと思います。ご意見、ご要望の他、まめの会の告知をメールで欲しいという方は登録をお願いします。※「まめの会」とは民藝協会へ入会していない方にも岡山の民藝や手仕事などに気軽に触れてもらおう、知ってもらおうと岡山県民藝協会が企画する催しです。

続きを読む

2015年

12月

12日

まめの会 第12回 倉敷いかご 須浪亨商店見学のお誘い

まめの会 第12回は12月19日(土)午後2時から倉敷いかご 須浪亨商店さんを見学予定です。

集合は茶屋町駅前のスーパー「エブリイ」前に午後1時30分、参加費500円当日集金。

申し込みは不要です。

2015年

10月

12日

くらしきフェアにご来場ありがとうございました

10月の連休に合わせて行われた「くらしきフェア」に岡山県民藝協会も出品致しました。たくさんのご来場ありがとうございました。2日間限定での催しですが、定番以外の物が出品されることもあってそのような物を探してみるのも楽しみのひとつです。(画像の倉敷ガラスのぐい呑みも、ひとつ珍しい形が混ざっているので探してみてください)

2015年

9月

28日

〜至極の逸品〜くらしきフェア

岡山県民藝協会は29番コーナー、倉敷本染手織研究所は40番コーナーで出品です。

日時:10月10日(土)・11日(日) 9時~16時 ※雨天開催
場所:倉敷みらい公園(JR倉敷駅北口すぐ)

◎入場無料!
◎駐車場はありません。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

◆問い合わせ先:商工課くらしき地域資源推進室 426-3406
        コールセンター 426-3030

2015年

9月

27日

まめの会 第11回 三宅松三郎商店見学ご報告

2015年9月27日、十五夜の日に行われた まめの会。昔から変わらない作り方を守る三宅松三郎商店の花ござ製造の現場を見学させていただきました。芹沢デザインのスケッチや実物を説明を受けながら、間近で手にとって見る事が出来ました。緻密な作業を手を抜かず丁寧に仕上げる仕事には頭が下がります。次回まめの会は未定ですが、お気軽にご参加ください。

2015年

9月

10日

まめの会 第11回 三宅松三郎商店見学のお誘い

第11回目のまめの会は三宅松三郎商店さんに花ござ製造の見学をさせていただくことになりました。

締め切りました

2015年

8月

23日

第15回倉敷少年民芸夏期学校ご報告

今年の倉敷少年民芸夏期学校は岡山県真庭市の勝山竹細工から平松幸夫氏を講師に迎え、日頃の作業のお話を伺いながら風車(かざぐるま)をつくる企画でした。倉敷民藝館に展示してある世界のカゴを見学することから始めて、企画展に関するクイズラリー、学芸員による館内案内で手仕事の世界に触れました。

2015年

5月

06日

FUNDAMENTAL RHYTHM













ご挨拶
 普段の暮らしの中で楽しんでお使いいただける品物を、倉敷在住の作り手4人が持って参ります。普段使いの物こそ皆様の暮らしを支えるものだと思い作っております。
宜しくお願いいたします。
倉敷ガラス 小谷栄次 倉敷緞通 瀧山雄一
備中和紙 丹下直樹  倉敷堤窯 武内真木
岡山県民藝協会 協賛

平成27年5月23日(土)から6月14日(日)月曜休館
開館9時から16時30分 最終日15時まで
公益財団法人 愛媛民芸館
〒793−0023 愛媛県西条市明屋敷238−8
電話 0897−56−2110


続きを読む

2015年

2月

27日

まめの会 第十回「祝儀袋をつくろう」ご報告

まめの会 第十回「祝儀袋をつくろう」の回が倉敷町家トラストで行われました。天賞堂祝儀店の横溝さんに先生として来てもらい楽しく教わりました。先生がやると簡単そうに見える結びもやってみるとなかなか難しく、それが何本にもなるとさらに難しく・・・といった感じで4時間があっと言う間に終わりました。完成した時は水引の色や形に癒されました。次回のまめの会はまだ未定ですが、お気軽にご参加ください。

2015年

2月

19日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第十回 「祝儀袋をつくろう」のお誘い

第十回目のまめの会は天賞堂祝儀店さんに簡単な水引の結びを習いながら祝儀袋を作る回にしようと思います。

2月25日(水) 13時から 倉敷町家トラストで開催します。

祝儀袋はひとり二つ作る予定にしています。締め切りました

2015年

1月

09日

岡山県民藝協会 平成27年新年親睦会 ご案内

岡山県民藝協会 平成27年新年親睦会 ご案内

日時 平成27年1月25日(日)受付 午前9時30分から 
会場 倉敷国際ホテル 桜花の間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神楽 阿智神社子供備中神楽育成会
記念講演 講師 宮島 通江氏(元松本民藝館館長)
     演題 民藝に出会って
記念品説明 倉敷緞通 花瓶敷き(瀧山雄一氏)
民藝品即売会と福引き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会費 協会員7000円 非会員8000円
申し込み 倉敷民藝館、融民芸店に会費を添えてお申し込みください
締め切り 1月18日(日)
取り消し 1月22日(木)までの取り消しには全額をお返しいたします
     当日欠席される場合は代理人のご出席も可能です

お問い合わせは岡山県民藝協会(倉敷民藝館内) 電話086−422−1637



大きな地図で見る

2014年

12月

17日

まめの会 第九回「備中和紙見学」ご報告

小雪も散らつく12月の寒い中、備中和紙見学会を行いました。簡単な製造工程の説明と紙漉きの実演と体験、封筒作りのプログラムでした。工場内は7度くらいで見学された方達は辛かったかも知れませんが、その環境を肌で感じる事で物作りの普段見えない一面が見る事が出来た回になったと思います。次回のまめの会は来年2月頃を予定しています。お気軽にご参加ください。

2014年

12月

01日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第九回 「備中和紙 見学」のお誘い

今回は備中和紙を見学する回です。お申し込み方法は12月5日から倉敷民藝館で行われるチャリティー企画の会場で申込用紙を置いていますので、レジ係へお願い致します。

定員は10名程で締め切る予定です。

お気軽にお申し込みください。

2014年

11月

02日

まめの会 第八回 「まつりずしを作って食べよう」ご報告

11月1日、小雨の中行われた倉敷町家トラストでの「まめの会」は和気藹々とまつりずしを作りました。写真に写っているお皿は倉敷堤窯の品で、食後はお持ち帰りいただきました。今後行われる催しの予定もお話して楽しい時間になりました。次回の告知もこのページで行いますのでお気軽にご参加下さい。

2014年

10月

30日

柚木沙弥郎 92年分の色とかたち

新刊本紹介

グラフィック社から2014年10月25日に発行された「柚木沙弥郎 92年分の色とかたち」をご紹介いたします。92歳を迎えられた柚木先生の今の声が聞こえてくる本です。倉敷で行われた民藝協会の全国大会でお話して頂きたかったことが書かれています。ぜひお読みください特に作り手の方は。

                        岡山県民藝協会会長 武内真木

 

グラフィック社書籍詳細ページ

http://www.graphicsha.co.jp/book_data.php?snumber3=1503

2014年

10月

24日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第八回 「まつりずしを作って食べよう」のお誘い

今回は倉敷町家トラストで「まつりずし」を作って食べる企画です。倉敷堤窯の器でいただいて、お土産にお持ち帰りください。次回の企画も少しお話いたします。

場所 倉敷町家トラスト

日時 平成26年11月1日(土) 午前11時から

会費 800円

定員 15名

どうぞお気軽にご参加ください。

2014年

9月

25日

「山陽民藝」誌ご紹介

岡山県民藝協会の機関誌「山陽民藝」をwebでもご紹介する運びとなりました。協会員以外の方が目にすることは無かった山陽民藝ですが、歴史は古く昭和22年6月が創刊号です。岡山県民藝協会初代会長は大原総一郎氏で外村吉之介は幹事でした。

2014年

7月

28日

まめの会 第七回「民藝協会全国大会おさらい」ご報告

岡山県民藝協会主催まめの会 第七回終了しました。今回は倉敷町家トラストをお借りして、6月に行われた日本民藝協会全国大会 倉敷大会公開講演「民藝とデザイン」(深澤直人館長)の模様をおさらいする回でした。柳宗悦が見てきたものを深澤館長の眼を通して分析した時に出てきたのは「かわいい」というキーワード。日本民藝館の膨大な収蔵品の中から「かわいい」視点で厳選された品々を解説と共にスライドで見る事で民藝の世界がずっと身近に感じられる講演内容でした。次回のまめの会は未定ですが、お気軽にご参加ください。

2014年

7月

09日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第七回のお誘い

今回のまめの会は、先日倉敷で行われた民藝協会全国大会の講演の様子をおさらいして、民藝を身近に感じてもらえる回にしようと思います。同時に過去に外村吉之介氏が「山陽民藝」誌に残した文の中から「民芸品の集め方」を見直して、これからの会に繋ぐ話をする予定です。 

 

平成26年7月26日(土)

場所 倉敷町家トラスト 午後6時から

会費800円(お弁当込、飲み物込)特にビール希望の方は申込時に伝えて下さい。

申込は倉敷民藝館(086)422−1637へお願い致します。

続きを読む

2014年

6月

13日

倉敷民藝館・特別企画-倉敷ガラス50周年記念展-

このたび当館にて、特別企画-倉敷ガラス50周年記念展-を開催いたします。
「倉敷ガラス」とは、小谷眞三さん栄次さん親子の作られる口吹ガラス製品の総称です。産みの親である眞三さんは、それまで複数名で共同作業により制作されるのが一般的であった吹きガラスの仕事を、ご自分の工房において1人で制作するという形式を、倉敷で確立されました。日本のスタジオ・グラスの流れにおいて先駆け的存在です。
元は水島でクリスマスツリーのガラス玉を吹いておられた眞三さんですが、コップの制作にあたり外村吉之介初代館長の指導を仰ぎ、繰り返し教えられた「健康で無駄がなく真面目でいばらない」という言葉を教訓に制作に励んでおられます。このような仕事は長男である栄次さんに受け継がれ、倉敷ガラスのよき教えを守り、誠実な仕事を続けられており、現在に至ります。
 
本展では倉敷ガラス50周年を記念し、初期から現在までの倉敷ガラスを約150点展示します。
同時にスペインの水差やイギリスのビール瓶、エジプトの壷やオーストリアの彩絵酒瓶など、館所蔵の古今東西のガラス器も約100点展示します。親しみ深い潤いを持つ倉敷ガラスと、涼やかで楽しい世界各地のガラスを併せてお楽しみ下さい。
 
展覧会会期 平成2666()1130() 
午前9時~午後5(入館受付は445)
休館日は月曜日(祝日の場合開館)
8月中は月曜も臨時開館のため無休
入館料 大人700円 学生400円 小人300
 
 
<関連企画>
●     ギャラリートーク「奉仕の仕事」と館内ツアー
日時   平成2667日(土)14001530
講演者  小谷眞三氏
場所   倉敷民藝館
定員   50名 (椅子30席)
参加費  別途300
内容   ガラスのお仕事や説明、館内の展示品にまつわるエピソードなどをお話頂きます。
 
●     ギャラリートーク「倉敷ガラス-私の仕事-」と館内ツアー
日時   平成26927日(土)14001500
講演者  小谷栄次氏
場所   倉敷民藝館
定員   50名 (椅子30席)
参加費  別途300
内容   経歴を交えてガラスの説明や仕事についてお話し頂きます。
 
 公益財団法人 倉敷民藝館
710-0046 岡山県倉敷市中央1-4-11
phone / fax 086-422-1637
 

2014年

6月

12日

平成26年度日本民藝協会全国大会 倉敷大会公開講演

演題 民藝とデザイン

主旨 創造するということと製作するということ

講師 日本民藝館館長 深澤 直人氏

 

1956年山梨生れ。プロダクトデザイナー。1980年多摩美術大学プロダクトデザイン学科卒。

セイコーエプソンを経て1989年渡米、IDEO入社。1996年よりIDEO東京支社長。

2003年独立しNaoto Fukasawa Design設立。

 

卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、国内の大手メーカーのデザインとコンサルティングを多数手がける。

米国 IDEA金賞、ドイツif賞金賞、英国D&AD金賞、毎日デザイン賞、織部賞、Gマーク金賞など受賞歴多数。

「MUJI」壁掛け式CDプレーヤー、「±0」加湿器、「au/KDDI」INFOBAR、neonはN.Y.MoMA収蔵品となる。

2007年 ロイヤルデザイナー・フォー・インダストリー(英国王室芸術協会)の称号を授与される。

1990年からは人間の無意識の行為に注目しデザインするワークショップ「Without Thought」を毎年開催し、書籍とともに発表を続ける。「行為に即するデザイン」「意識の中心」「ふつう」「輪郭」「典型」など、自らのデザイン哲学をこれらの言葉で表すとともにその実践を続ける。デザインを通して対象の本質にせまるその思想や表現などには国や領域を越えて高い評価がある。

 

21_21 Design Sightのディレクター。良品計画デザインアドバイザリーボード。マルニ木工アートディレクター。

2010年、2011年、2012年グッドデザイン賞審査委員長。多摩美術大学統合デザイン学科教授。2006年にJasper Morrisonと共に「Super Normal」設立。2012年公益財団法人日本民芸館館長。

 

日時 平成26年6月13日(金)16:00時から17:00時 入場無料

15時より先着60名様迄入場整理券を倉敷市立美術館3階講堂前でお渡しします

会場 倉敷市立美術館3階講堂 倉敷市中央2−6−1 Tel(086)425−6034

問い合わせ先 倉敷民藝館内 岡山県民藝協会事務局(086)422−1637

 

主催 日本民藝館 岡山県民藝協会 共催 (公財)倉敷民藝館

後援 岡山県 倉敷市 倉敷市教育委員会 山陽新聞 

   RSK山陽放送 OHK岡山放送 TSCテレビせとうち

続きを読む

2014年

5月

27日

まめの会 第六回 「倉敷緞通見学」ご報告

岡山県民藝協会主催「まめの会」第六回終了しました。芹沢銈介氏による印象的な模様の倉敷緞通の製作工程を見学しました。あらゆるところに独自の改造が施された機械で製作される緞通が出来るまでの一部を間近で見て来ました。完成までの工程の中で、どのあたりに工夫がされているのか聞くとより愛着がわきます。次回のまめの会は7月を予定しています。お気軽にご参加ください。

2014年

5月

23日

倉敷ガラス 小谷栄次展

2014年6月4日(水)から6月10日(火)
山陽百貨店 本館5階 美術画廊

2014年

5月

23日

倉敷ガラス 小谷栄次 展

2014年5月31日(土)から6月8日(日) 水曜定休

コップ、各種皿、鉢、酒器、ピッチャー、デカンタなど普段使いのガラス器を
展示・即売いたします。

べにや民芸店 東京都港区南青山2−7−1 ホームズ飛騨1階
http://beniya.m78.com

2014年

5月

23日

五十嵐元次 作陶展

2014年5月30日(金)から6月3日(火)※月曜日も営業致します

久しぶりの展示会です。
会津若松で日用品としての食器、長く使ってもあきのこない
器作りをしている白磁、青磁の仕事を紹介します。

白磁大壷・大皿・白磁面取花入・片口鉢・白磁しのぎ土瓶
櫛目紅茶碗・飯碗・湯呑・しのぎ珈琲碗・マグカップ・盒子など

融民芸店 倉敷市阿知2−25−48 086−424−8722
https://www.facebook.com/toworumingei

2014年

5月

15日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第六回 「倉敷緞通見学」のお誘い

今回のまめの会は倉敷緞通を見学いたします。倉敷を代表する手仕事のひとつとして全国的に知られている敷物が出来る工程を見る事が出来ます。http://kurashikinote.jp/kd-top.html
5月24日開催です。 参加費500円と昼食を挟みますので昼食代は各自支払いをお願いします。

続きを読む

2014年

4月

29日

ショップ倉敷本染手織 期間限定

日時 2014年5月3日(土)〜5月6日(火)
   10:00am  〜  5:00pm
場所 倉敷本染手織研究所

1953年設立の倉敷本染手織研究所の卒業生は全国に約300人います。
今回の期間限定ショップは地元の卒業生約10人が仕事を持ち寄って、技術をさらに高めるために、また、よりよい品物を広く世に行き渡らせるために開きます。短い期間ではありますが、ぜひお越しください。

品目 椅子敷、マフラー、ストール、テーブルセンター、花瓶敷、コースター
   バッグ、ポーチ、他

続きを読む

2014年

4月

22日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第五回のご報告

岡山県民藝協会主催「まめの会」第五回終了しました。すぐ近所でも行った事の無い場所があるものです。イオン倉敷からすぐ近くの高梁川という大きな川を船で渡っての兜山窯見学を楽しんで来ました。渡った先ではまだ土地開発があまり進んでなく、古くからの水門や石垣、古墳がそのまま残されていて、散策にはよい立地です。次回のまめの会は未定ですが、近日中に開催予定です。告知はまたこのページでも行いますので、お気軽にご参加ください。

続きを読む

2014年

4月

21日

わ 開店30周年 柚木沙弥郎 展

身辺雑話
“今”をともにする身のまわりの品々を
小さな絵にしました。どうぞご覧ください。

2014.4.21(月)→5.4(日)
月→土:11〜19時、日・祝:13〜18時

CRAFT SPACE わ

http://www.craftspace-wa.com

2014年

4月

12日

武内真木 作品展

■2014年4月12日(土)から20日(日)終了しました
 
■会場 魚座民藝店 熊本県人吉市九日町41  TEL (0966)22-3562
     AM10:00 - PM6:30
 
 1979年に倉敷で父の後を継ぎこの世界に入りました。
いつの間にか父が生きていた歳を越えています。何時も
自分の作風が出来ているのか心に尋ねていましたが、い
つのまにか自分の踏み跡だけになっていました。自分の
持っている感性で器の形を考える事の難しさを何時も感
じますが、その反面楽しさも感じる様になってきました。
自分の作ったものが人様の所でつかわれる事の喜びがわか
ってきたのでしょうか。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
                   武内真木

2014年

4月

05日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第五回のお誘い

兜山窯は高梁川西岸で明治9年に岡本末吉氏によって始まった酒津焼の創業の地にあります。兜山窯の創始者、岡本蕭一氏は酒津焼創業者、末吉氏の孫にあたります。現在は二代目孝明氏、三代目達弥氏が仕事をされています。

平成26年4月19日  12:40分に倉敷堤窯となりの酒津公園駐車場集合です。
まめ
の会の参加費は500円で当日集金です。小雨決行

 

申し込み不要、当日直接お越しください。昼食は出ません。

※倉敷堤窯のすぐ横の酒津公園に無料駐車場がありますマップを表示する

http://www.kkyg.com/

続きを読む

2014年

3月

25日

倉敷民藝館・民藝市場のお知らせ

民藝市場は民館中庭で、民普及のため、下記のものを展示・販売いたします。
 
1. 品を志し、製作勉強中の人の民
2. 皆様のお手持ちの民藝品(陶磁器・ガラス・染織品・木工品・漆器・金工品・紙工品・ 編組品等)
 展示・販売をご希望の方は倉敷民館まで、ご連絡ください。
(ただし、出展については倉敷民藝館で選ばせて頂きます。)
 
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
 
 
日時:平成26年 
 4月19日(土)・20日(日)
 5月17日(土)・18日(日)
 6月21日(土)
 9月20日(土)
 10月18日(土)
:00~16:00
  雨天の場合、中止
なお、出展者によりましては閉館時間より早く終わる場合もありますので、予めご了承下さい。

主催:倉敷民藝館
会場:倉敷民館中庭にて 入場無料
お問い合わせ先:倉敷民館 086-422-1637

2014年

3月

25日

倉敷民藝館・第10期「蔵で極める金継講座」受講生募集

この度、第10期「蔵で極める金継講座」受講生を募集いたします。金継ぎとは割れたり、欠けたりした皿や茶碗を、漆を使って接着、修理する日本独自の陶磁器の修理法です。ただこわれた物をもとのかたちに戻すだけではなく、金銀で加飾する事によって新しい魅力が生まれます。一般に金継ぎと称されるものの中には合成パテ直しのものもありますが、本講座では本格的な金継ぎの一連の作業を、材料の扱い、基本的な工程から丁寧にじっくり学んでいただきます。
 
 
 
日時: 平成26年4月12日、5月10日、24日、6月14日、28日、7月12日、26日(全7回・土曜日)10:00~12:00
会場:倉敷民藝館
講師:小松原賢次氏 (漆芸・木彫グループ「がりゅう会」主宰、日本工芸会正会員)
定員:10名
受講料:21,000円(全7回分)
材料費:18,000円(金丸粉、生漆(市販品)、黒目漆(市販品)、筆、平筆、小皿、耐水ペーパー、ガラス板、粉筒、粉匙、漉紙、あしらい毛棒、弁柄ほか)
テキスト代:500円
持ち物:直したい器(小皿、湯呑、茶碗など数点をご用意下さい)、エプロン、切り出しナイフ、ボロ布、筆記用具、ビニール手袋
お問い合わせ・ご予約:倉敷民藝館 086-422-1637
 
*本講座は漆を使用します。かぶれる恐れがありますので、あらかじめご了承ください。

2014年

3月

01日

倉敷民藝館・倉敷雛めぐり

現在、倉敷民藝館では「倉敷雛めぐり」に関連して型絵染のお雛のお軸を展示しています。
こちらの受付横のスペースは無料でご覧頂けます。
 
倉敷雛めぐり
~3月9日(日)まで

2014年

2月

15日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第四回ご報告

岡山県民藝協会主催「まめの会」第四回終了しました。今回の企画は観光マップに掲載されていない隠れた倉敷の街の見所を探る回でした。普段見慣れていたあの看板が著名な方のデザインだったり、建物の装飾のように見えて企業のロゴだったり、「実はこれ凄いんです」を歩いて、見て、触れて来ました。今回の収穫は夏の民藝全国大会に活かせるようにまとめます。

続きを読む

2014年

1月

28日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第四回のお誘い

岡山県民藝協会企画 まめの会 第四回目は倉敷街歩きの回です。倉敷市東町〜本町の一般的な見所ではなく、隠れた見所を参加者の皆様と共に探す街ブラの回です。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。昼食は町家トラストでお弁当を食べます。今回のまめの会の参加費は800円(お弁当代+手仕事のお土産品込)で当日集金です。申し込み不要、当日直接お越しください。平成26年2月15日 倉敷町家トラスト集合 午前11時から ※駐車場がありませんので、お近くのコインパーキング等をご利用ください。

続きを読む

2014年

1月

27日

岡山県民藝協会 平成26年新年親睦会 ご報告

岡山県民藝協会 平成26年新年親睦会は郷原漆器生産振興会会長の高山雅之(たかやま まさし)氏を迎え、「郷原漆器と備中漆 復興のこぼれ話」を中心に行われました。日本の漆生産の状況や、かつて作られていた郷原漆器を買い集め、分析する所から始めた復興への道のりのお話をスライドの判り易い解説と共にお聞きしました。パンフルート奏者の今井勉(いまい つとむ)氏は軽快なお話と独学で学んだ奏法での演奏で会場を沸かせてくれました。恒例の民藝品即売、福引きも行われ盛会に終わりました。

 

郷原漆器 http://www.goubara.jp

今井勉  http://bizen-winds.blogdehp.ne.jp

続きを読む

2014年

1月

16日

岡山県民藝協会 平成26年新年親睦会 ご案内

岡山県民藝協会 平成26年新年親睦会 ご案内

日時 平成26年1月26日(日)受付 午前9時30分から 
会場 倉敷国際ホテル 桜花の間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
演奏 パンフルート独奏 今井 勉 氏
記念講演 講師 高山雅之 氏(郷原漆器生産振興会会長)
     演題 郷原漆器と備中漆 復興のこぼれ話
記念品説明 備中和帳(備中和紙)
民藝品即売会と福引き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会費 協会員7000円 非会員8000円
申し込み 倉敷民藝館、融民芸店に会費を添えてお申し込みください
締め切り 1月18日(土)
取り消し 1月22日(水)までの取り消しには全額をお返しいたします
     当日欠席される場合は代理人のご出席も可能です

お問い合わせは岡山県民藝協会(倉敷民藝館内) 電話086−422−1637

続きを読む

2013年

12月

18日

倉敷民藝館・企画展「倉敷民藝館の新しい仲間たち」

企画展「倉敷民藝館の新しい仲間たち」では、当館が所蔵する過去約20年間に購入・寄贈を受けた収蔵品の中から200展示します日本をはじめ、中国、アメリカ、アフリカ、アジア諸国など世界各地の陶磁器・漆器・木工品・金工品・ガラス・皮工品・編組品・染織品など、幅広い品々が新しく収蔵されています。その中から「日本の手仕事」「沖縄の織物」「アフリカの工芸品」「アジアの染織品」「中国の陶器」「アメリカ大陸の民芸品」等々、展示コーナーごとにテーマを設けご紹介いたします。
 

 どの品々も私達の暮らしを豊かにしてくれる頼もしい仲間たちばかりです。この機会に是非、倉敷民藝館の新しい仲間たちに会いにお越し下さい。

 企画倉敷民藝館の新しい仲間たち
・展覧会会期  開催中平成2661日(日)
   12~2月 9:0016:15(入館受付は16:00迄)
    3月~   9:0017:00(入館受付は16:45迄)

・休館日は月曜日(ただし祝日は月曜日開館)、年末年始(12/29~1/1
・入館料   大人700円 学生400円 小人300

 
財団法人 倉敷民藝館
710-0046 岡山県倉敷市中央1-4-11
 
Phone / FAX 086-422-1637

2013年

12月

10日

三橋玉見と武内潔真「倉敷の芸術文化の街づくりをささえた南予人」

移動民藝館
「愛媛と倉敷の手仕事にふれる、味わう、楽しむ」
12月14日(土)〜22(日)午前10時〜午後5時
津島 やすらぎの里(研修棟 大ホール)

文化講座
「三橋玉見と武内潔真 倉敷・愛媛・民藝」
12月15日(日)午後1時〜2時30分
津島 やすらぎの里(研修棟 大ホール)
講師/武内真木(倉敷堤窯)・有木宏二(京都造形大学准教授)
ゲスト/三橋英二(県立とべ動物園園長)
コーディネーター/二宮崇(早稲田大学社会連携研究所招聘研究員)

主 催/宇和島市教育委員会
共 催/愛媛民藝館・早稲田大学社会連携研究所
後 援/倉敷市・西条市・大原美術館・倉敷民藝館・岡山県民藝協会
    愛媛民藝協会・愛媛新聞社・南海放送・NHK松山放送局ほか
協 賛/労研饅頭(株)たけうち
<問い合わせ先>宇和島市教育委員会 文化課/森田 TEL 0895-49-7033

会場 津島 やすらぎの里(研修棟大ホール)TEL 0895-20-8181

続きを読む

2013年

12月

08日

倉敷硝子 小谷栄次の仕事

■2013年12月13日(金)から17日(火) 終了しました
 
■会場 融 民芸店 
 
この度の会も使い易い器達が揃いました。ぜひ御早目にー
ボトル・ワイングラス・蓋物・水差・小鉢・大鉢・タンブラー・瓶類・他
 
融 民芸店 facebookはこちら
続きを読む

2013年

12月

08日

平成25年度日本民藝館展ー新作工芸公募展ー

平成25年度日本民藝館展 −新作工芸公募展− において備中和紙の三椏紙が奨励賞を受賞しました。
http://www.mingeikan.or.jp/events/special/201312.html
続きを読む

2013年

12月

01日

平成25年度日本民藝館展ー新作工芸公募展ー

日時 平成25年12月8日(日) − 12月23日(月・祝)
場所 日本民藝館 東京都目黒区駒場4-3-33 Tel 03-3467-4527
   月曜休館/10 − 17時(入館16:30迄)/一般1000円、大高生500円、中小生200円

伝統的な手仕事を中心に、日本各地の新作工芸品を展示・頒布致します。
お誘い合わせの上ご来館ください。

[併設展示]朝鮮時代の磁器/柳家の食卓/田島隆夫の地機織 他

http://www.mingeikan.or.jp/

続きを読む

2013年

11月

24日

倉敷堤窯 武内真木作陶展

■2013年11月30日(土)から12月5日(木)終了しました
 
■会場 銀座たくみ 2階ギャラリー 
 
銀座たくみ ホームページはこちら
続きを読む

2013年

11月

19日

〜至極の逸品〜くらしきフェアご報告

11月17日「~至極の逸品~くらしきフェア」に民藝協会として今回初参加です。
秋晴れの好天で時間を追うごとに人が増え全店舗57、賑わいのあるフェアで当協会も地元の作り手の人達の品物を並べてアピールしました。家族づれ、友人同士、一人ブラ等色々な人達が立ち寄って手にとって見て下さったり、暮らしぶりの話を聞いたり新鮮でした。勿論お買い上げもありました。
朝6時半の搬入、夕方6時の搬出までの間に沢山の新発見もありました。

2013年

11月

13日

松本行史 木工展

■2013年11月15日(金)から24日(日)終了しました
 
■会場 くらしのギャラリー本店 
 
松本家具研究所 ホームページはこちら
くらしのギャラリー本店 ブログはこちら

2013年

11月

11日

倉敷本染手織会作品展

■2013年11月19日(火)から24日(日)終了しました
 
■会場 倉敷民藝館 
 
[品目]椅子敷、マフラー、ストール、テーブルセンター、
   花瓶敷、コースター、バッグ、ポーチ、他
 
 
倉敷本染手織研究所ホームページこちら
続きを読む

2013年

11月

10日

倉敷ガラス 小谷真三 作品展

■2013年11月15日(金)から21日(木) 終了しました
 
■会場 倉敷天満屋4階美術画廊 
 
小谷真三先生 ギャラリートーク 11月15日 午後1時より
 
 
倉敷天満屋ホームページこちら
続きを読む

2013年

11月

10日

〜至極の逸品〜くらしきフェア

■2013年11月17日(日)終了しました
 
■会場 倉敷みらい公園 (倉敷駅北口 ARIO倉敷よこ) 
 
■時間 9時から17時 ※雨天開催 
 
岡山県民藝協会からも出品致します。よろしくお願い致します。
 
くわしい情報はこちら

2013年

11月

10日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第三回ご報告

小春日和の11月9日今回は堤窯の武内真木さんの工房を訪ねました。
丁度庭の木々も紅葉真っ盛り、初めて参加の人達や見知った人達が11時頃参集しました。
武内さんが土作りから仕上がり迄の工程の順をおって実演を交えながら説明して下さいました。
初めての人は勿論の事、道具に感心したり、手技に感動したり、種類の多い事などやはり一朝一夕でなるものではないと再認識しました。
あっという間に2時間近く過ぎ、昼食は全員で紅葉の酒津公園を15分程歩いて通り抜け「水辺のカフェ」で戸外のテーブルを囲みおしゃべりをしながらいただきました。
帰りがけに武内さんから「どれでもどうぞ」という声かけがあり、一同「えっ、えっ!」と言いながら気に入った物を頂きました。目に良し、口に良し、気分良し、今日は充実感一杯の半日でした。
武内さんお世話様になりましてありがとうございました。
 
次回のまめの会は来年になります。お気軽にご参加ください。
続きを読む

2013年

11月

03日

惣堂窯 掛谷康樹 作陶展

■2013年11月2日(土)から10日(日)終了しました
 
■会場 べにや民芸店 
 
練上げの仕事を中心に、普段使いのあたたかい器を展示即売いたします。
ご高覧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
 
べにや民芸店 ホームページはこちら
続きを読む

2013年

10月

27日

倉敷硝子 小谷真三展

■2013年11月1日(金)から5日(火) 終了しました
 
■会場 融 民芸店 
 
暮らしの中に豊かな彩を添えてくれる器が揃っています。
 
次回のお知らせ 12月13日より 倉敷硝子 小谷栄次展
 
融 民芸店 facebookはこちら
続きを読む

2013年

10月

19日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第三回

岡山県民藝協会企画 まめの会 第三回目は見学の回です。倉敷市酒津にある倉敷堤窯を見学させていただくことになりました。手仕事の現場や焼き物にご興味のある方は、ぜひご参加ください。見学の後は昼食を近くにある三宅商店酒津水辺のカフェでランチを楽しむ予定にしています。(昼食のご参加は自由です。代金は各自実費でお願いします) まめの会の参加費は500円で当日集金です。申し込み不要、当日直接お越しください。平成25年11月9日 午前11時から ※倉敷堤窯のすぐ横の酒津公園に無料駐車場がありますので、ご利用ください。

続きを読む

2013年

9月

25日

毎日の暮らしの中の倉敷アーツ&アルチザン展

■2013年10月9日(水)から22日(火) 終了しました
 
■会場 銀座三越8階 シンプリーハート・シーズンズ・ジャパンエディション・インテリア・ギャラリー 
 
芸術と文化のまち・倉敷を支えているのが伝統と革新というものづくりスピリットに溢れた優れた
職人たち=アルチザンの仕事。伝統工芸品から新しい発想で生まれたファッションや生活雑貨まで、
今の暮らしにこそ取り入れたい魅力的なアイテムを紹介します。
 
銀座三越 リンクはこちら

2013年

9月

15日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第二回ご報告

平成25年9月14日、倉敷町家トラストで行われた岡山県民藝協会主催「まめの会」第二回。今回は「気になるインテリア」をテーマに、暮らしの中のデザインという視点で自分の思い入れのある物などについて話し合いました。前半はお借りしている倉敷町家トラストの管理人である中村泰典さんの町並みの歴史や、家をめぐる様々な「縁」についてのお話、トラストの二階に預かっている古い食器を見せてもらったり、もうひとつ新しい所を皆さんに解放して使える場所にしたいという構想をお聞きし、一緒に過去、未来を楽しみました。その後は持ち寄ったインテリアアイテムについてエピソードなどを聞き、共感したり納得したりそれぞれの関連話に繋がりました。昭和初期の扇風機からスカンジナビアモダン、アメリカモダン、イタリアンモダンから現代にいたるモダニズムの照明や家具、小物を見たり触ったりうんちくを語り合い時間を過ごしました。何十年も使われて残っている物にはどこの国でも無駄が無く、威張らない使いやすい手に取ってみたくなるデザインになっているという民藝とも繋がっている気分になりました。次回からは、特に申し込み無しで開催場所へお越しいただいてのご参加になりますので、お時間のある方はお気軽にご参加ください。

2013年

9月

06日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第二回

倉敷町家トラストをお借りしての「まめの会」第二回のお知らせ。気になるインテリアと題してお気に入りのアイテムを持ち寄ってのお話です。

平成25年9月14日(土) 14:00~ 会費500円 当日集金 
申し込みは倉敷民藝館へお気軽にどうぞ
TEL086-422-1637 月曜休館

 

続きを読む

2013年

8月

12日

三宅義一 吹き硝子展

■2013年8月23日(金)から9月1日(日) 終了しました
 
■会場 くらしのギャラリー本店 8月27日は休み、最終日は午後6時閉場 
 
三宅義一さんは、岡山市在住の42歳。
大学在学中に立ち寄った工芸店で吹き硝子に出会い、
福山市の舩木倭帆氏に師事し、吹き硝子を学びました。
素朴で飽きのこない普段使いの硝子器の展示会です。
皆様のご来店、お待ちしております。
 
暮らしのギャラリー本店 リンクはこちら

2013年

8月

03日

倉敷民藝館・8月開館日のお知らせ

8月の開館日についてお知らせします。
倉敷民藝館は月曜日も開館しますので、

8月中は無休となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

2013年

7月

22日

倉敷ガラス 小 谷 栄 次 展

■会期 2013年8月2日(金)から8日(木)終了しました
 
 
会場 倉敷天満屋 4階美術画廊 作家来場予定8月2日、3日、4日
 
『健康で、無駄がなく、真面目で、威張らない』
柳宗悦・外村吉之介・小谷眞三と受け継がれてきた教えを
体に感じつつ、栄次さんは、千三百度の灼熱の硝子に向かい、
日々製作活動に励まれています。
見るものを楽しませ、使うものに喜びを与える。
そんな硝子の器の展示会です。
皆様のご来場、お待ちしております。
 
倉敷天満屋 リンクはこちら 

2013年

7月

20日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第一回ご報告

平成25年7月20日、倉敷町家トラストで行われた岡山県民藝協会主催「まめの会」第一回無事終了しました。今回は「倉敷ガラス以前のガラスから・・・」をテーマにお話を聞きました。どの家庭にもありそうな典型的な素麺鉢、ビールの粗品で付いていたグラス、工業製品のガラスの蓋物、沖縄のガラス等を囲んでのお話です。倉敷ガラスの小谷栄次さんのお話もあり、「倉敷ガラスの小谷ブルー」がなぜ出来上がったのか秘密も聞きました。画像2枚目は倉敷ガラスの前身「水島ガラス」時代の器です。次回はまた違う企画で9月予定です。

一般の方も気軽に参加していただける会にしたいので、ご参加よろしくお願い致します。

続きを読む

2013年

7月

15日

第14回倉敷少年民藝夏期学校 備中和紙の紙すき体験

 主  催 岡山県民藝協会 財団法人 倉敷民藝館
 後  援 倉敷市教育委員会

 協  賛 三宅松三郎商店 竹泉堂 天賞堂祝儀店
 期  日 平成25年8月17日(土)終了しました
 開催場所 備中和紙工房・倉敷市立中洲小学校
 集合場所 倉敷市立中洲小学校 駐車場あり
      電車の方は水島臨海鉄道 

      倉敷駅発9:00または9:20に乗車
      一駅目の球場前駅で下車 (ホームに係の者が待機しています)
 受 講  者 小学2年生から中学生とその保護者 先着30人
 参 加  費 1人 1000円 (保護者の方も参加していただきます)
 申し込みとお問い合わせは倉敷民藝館内 岡山県民藝協会へお願い致します
 電話086−422−1637(月曜を除く 9時から17時)

 ※はさみ、上履き(スリッパ)をご持参ください
 ※昼食、飲料は各自でご用意ください
 ※欠席の場合は8月10日までにご連絡くだされば返金いたします

続きを読む

2013年

6月

25日

柚木沙弥郎展 ー夏のしつらいー

2013年7月2日(火)から14日(日) 終了しました
 
 
会場-クラフト&ギャラリー幹 倉敷市中央1-6-8 TEL/FAX 086-422-7406
 
型染の第一人者 柚木沙弥郎の美しく楽しい染め布
の中から季節に合う品々を選びました。卒寿を祝っ
ての催しです。どうぞお出かけくださいませ。
卒寿を期に、長年の仕事の中から選んで制作した品々です。
(のれん、飾り布、パネル額、広巾布、帯、うちわ)など
                           
 
柚木沙弥郎 ホームページはこちら

2013年

6月

24日

岡山県民藝協会企画 まめの会 第一回

倉敷町家トラストで行なう岡山県民藝協会企画の集まりです。一般の方の参加も可能です。「倉敷ガラス以前のガラスから・・・」をテーマに話をします。家に残っている昭和初期から昭和40年頃までの、家庭で普段使われていたガラスのものを持ち寄っての語らいです。
平成25年7月20日(土) 18:30~ 会費500円 当日集金 
申し込みは7月17日までに倉敷民藝館へお気軽にどうぞ
TEL086-422-1637 月曜休館

続きを読む

2013年

6月

11日

小代焼ふもと窯 井上尚之のうつわ

2013年6月14日(金)から23日(日)終了しました
 
会場-くらしのギャラリー本店

熊本県荒尾市にある
小代焼(しょうだいやき)ふもと窯。
江戸後期より続く小代焼はワラ釉を
特徴としますが、二代目の尚之さんは
スリップウェアや象嵌(ぞうがん)など
様々な技法も使いながら、今の暮らしに
寄り添ううつわをつくり続けます。
元気なお人柄があらわれたうつわの
展示会です。
是非、ご覧下さいませ。
                
18日は休み 作家来場予定日15・16日
15日はイベントのため18時にて閉場いたします。

暮らしのギャラリー本店 リンクは こちら 
0 コメント

2013年

6月

03日

福山 惣堂窯 掛谷康樹 作陶展

 

2013年6月6日(木)から12日(水) 終了しました
 
会場-福屋八丁堀本店7階ギャラリー101 

 

福山に生まれ育ち、1998年、地元に窯を開きました。
広島県内に在りながら、市内にご縁がありませんでしたが、
この度、作品展を開かせていただく事となりました。
独立以来続いている、練上げの仕事を中心とした
日常使いの器をご覧いただきたいと思います。
                
                      掛谷康樹

福屋八丁堀本店 リンクは こちら 

 

2013年

6月

03日

倉敷民藝館・外村吉之介初代館長没後20年特別企画「少年民藝館展」

このたび、当館の初代館長である外村とのむら吉之介きちのすけ(18981993)の没後20年を記念した特別企画「少年民藝館展」を開催します。少年しょうねん民藝館みんげいかん』は、外村とのむら初代館長が、わかりやすく民藝について解説した名著です。1984年に出版されて以来、2011年には再版され、多くの人に読まれています。今回の展示では、この本に取り上げられた作品のうち、当館が所蔵する約200展示を予定しています。 
「ミンゲイという日本語がそのままひろまって世界中何処でも通用するようになったのは、民藝品の美しい形や色とその心掛けがよく私たちの毎日の暮しを助け励ましてくれることが、多くの人々によく判ってきたからなのです。」(『少年民藝館』「まえがき」より) 
少年民藝館での展示を通じて外村初代館長の民芸に対する想いを感じて頂けますと幸いです。

展覧会会期 平成256日(金)~121日(日) 
9:0017:00(入館受付は16:45迄) 
        休館日は月曜日(ただし祝日は月曜日開館

<関連企画>
外村吉之介初代館長没後20年特別企画「少年民藝館展」 記念講演会 『民藝の力と外村吉之介』
日時 平成2569日(日)14001500
場所 倉敷市倉敷公民館 大ホール 
講師 外村民彦氏(熊本国際民藝館名誉館長

ギャラリートーク(全3回)
83日(土) 
「外村先生との思い出 -家庭の中の民藝・市職員研修・町並保存を通じて- 
 三宅正廣氏(倉敷市文化連盟副会長) 
97日(土) 
「外村先生と歩んだ15年」
 長谷川勢津子氏(岡山南民藝研究会)
105日(土)
「外村館長のこと」
 三宅登志夫氏(倉敷民藝館前職員)
  各回とも14001500
参加費 無料(ただし、要入館料) 
定員  50名まで
※ギャラリートーク(全3回)については、それぞれ倉敷民藝館まで要申込

2013年

5月

31日

記念講演会「民藝の力と外村吉之介」 講師:外村民彦

外村吉之介初代館長没後20年特別企画「少年民藝館展」記念講演会

2013年6月9日(日)14:00から15:00 終了しました
 
会場-倉敷市倉敷公民館 大ホール 

講師-外村民彦 氏(熊本国際民藝館名誉館長)

倉敷民藝館及び倉敷公民館には駐車場はございませんので
公共交通機関をご利用頂くか、近隣の駐車場をご利用ください。

【講演会後援】倉敷市 倉敷市教育委員会 岡山県民藝協会 山陽新聞社
RSK山陽放送 倉敷ケーブルテレビ FMくらしき NHK岡山放送局 OHK岡山放送

2013年

5月

16日

まゆみ窯 眞弓 亮司 作陶展

2013年5月24日(金)から28日(火)終了しました
 
会場-融 民芸店 倉敷市阿知2−25−48 電話(086)424−8722

ふだん使いの器を中心とした仕事約300点の紹介です。
ぜひ手に取って見て下さい。
 ◆大鉢・壷・皿・ピッチャー・紅茶碗・茶器揃
  珈琲碗・平皿・鉢他

2013年

5月

08日

惣堂窯 掛谷 康樹のうつわ

2013年5月10日(金)から19日(日)終了しました 
 
会場-くらしのギャラリー本店 

掛谷さんの作る”練上げ”の器。
幾重にも積み重ねられた粘土の層が美しい。
掛谷さんが”轆轤”で作る器。
手になじみ、使いやすい。
どれもが思わず手にとり使ってみたくなる。
そんな器の展示会です。
掛谷さんの人生の節目となるこの年に展示会を
させていただけることを光栄に思います。
いまの掛谷さんの仕事を是非ご覧ください。

掛谷さん来店日:10日(金)・11日(土)                     
くらしのギャラリー本店 リンクは こちら 

2013年

4月

28日

村松 学 吹きガラス展

2013年5月8日(水)から13日(月) 終了しました
 
会場-福山天満屋6階アートギャラリー 

ガラスには金型(モールド)を使って山と谷を作り、縞模様(モール)を
入れる事が出来ます。
光を屈折させるモールは、ガラスの魅力を引き出す効果的な技法の
1つだと思います。
今回はモールとシンプルな形の組み合わせに取り組んでみました。
ぜひご高覧下さいますようご案内申しあげます。
                             村松 学                       
福山天満屋 リンクは こちら 

2013年

4月

20日

村松 学 吹きガラス展

2013年4月19日(金)25日(木) 終了しました
 
会場-光原社 

日常つかいのうつわながらクールな品のよさが漂う村松さんのガラス。
タンブラー、ゴブレットから皿、鉢、花器、ピッチャーと、師匠である
舩木倭帆氏譲りの多彩な作品をお楽しみいただけると思います。仙台で
は初の個展です。どうぞご期待ください。
                           
光原社 リンクは こちら 

2013年

4月

10日

2013年 春の旅行 報告

続きを読む

2013年

4月

08日

三宅義一 吹きガラス展

2013年4月25日(木)から5月1日(水) 終了しました
 
会場-cafe de 紅緒  

2年振りの高梁です。
これから夏に向けて使いたくなる様なガラスです。
是非ご覧下さい。
                           
cafe de 紅緒 リンクは こちら

2013年

4月

01日

特別展 柚木沙弥郎の染め布 Produced by CRAFT SPACE わ

2013年4月17日(水)から30日(火) 終了しました
 
会場-銀座三越8階ギャラリー  

型染の第一人者である柚木沙弥郎の特別展を開催いたします。
本展では、その明快で温かい色彩と文様の飾り布・のれん・帯・広布巾など、
日々の生活をライトアップしてくれる作品を多数展示いたします。
卒寿を期に、長年の仕事の中から選んで制作した品々です。
どうぞこの機会にぜひご高覧くださいませ。
                           
銀座三越 リンクは こちら 

柚木沙弥郎 ホームページはこちら

2013年

3月

27日

倉敷民藝館・民藝市場のお知らせ

民芸市場は民芸館中庭で、民芸普及のため、下記のものを展示・販売いたします。 
1. 民芸品を志し、製作勉強中の人の民芸品 
2. 皆様の不要になったお手持ちの民藝品(陶磁器・ガラス・染織品・木工品・漆器・金工品・紙工品・ 編組品等)
 展示・販売をご希望の方は倉敷民芸館まで、ご連絡ください。 
(ただし、出展については倉敷民藝館で選ばせて頂きます。) 

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 
 日時:平成25年  
 4月20日(土)・21日(日)
 5月18日(土)・19日(日)
 6月15日(土)・16日(日)
 7月20日(土)・21日(日)
 8月17日(土)・18日(日)
 9月21日(土)・22日(日)
 10月19日(土)・20日(日)
 11月16日(土)・17日(日)
 土曜日は9:00~17:00(16:45入館締切)
 日曜日は9:00~16:00
  ※  雨天の場合、中止 
主催:倉敷民藝館
会場:倉敷民芸館中庭にて 入場無料

お問い合わせ先:倉敷民芸館 086-422-1637

2013年

3月

21日

「民芸の原点ー木喰の旅」森 貘郎板画展

2013年3月22日(金)から26日(火)終了しました 

 
会場 融 民芸店 

とをる民芸店40周年のお祝いの帰りに、京都丹波の清源寺をたずね
木喰上人の最晩年の十六羅漢を拝観することができました。
民芸の原点とも言うべき木喰佛の自在の魅力に心打たれました。
                        森 貘郎

融 民芸店 
岡山県倉敷市阿知2−25−48
電話086−424−8722

2013年

3月

18日

倉敷民藝館・第8期「蔵で極める金継講座」受講生募集

この度、第8期「蔵で極める金継講座」受講生を募集いたします。金継ぎとは割れたり、欠けたりした皿や茶碗を、漆を使って接着、修理する日本独自の陶磁器の修理法です。ただこわれた物をもとのかたちに戻すだけではなく、金銀で加飾する事によって新しい魅力が生まれます。一般に金継ぎと称されるものの中には合成パテ直しのものもありますが、本講座では本格的な金継ぎの一連の作業を、材料の扱い、基本的な工程から丁寧にじっくり学んでいただきます。 


日時: 平成25年4月13日、5月11日、25日、6月8日、22日、7月13日、27日(全7回・土曜日)10:00~12:00
会場:倉敷民藝館 
講師:小松原賢次氏 (漆芸・木彫グループ「がりゅう会」主宰、日本工芸会正会員) 
定員:10名
受講料:21,000円(全7回分) 
材料費:16,500円(金丸粉、生漆(市販品)、黒目漆(市販品)、筆、平筆、小皿、耐水ペーパー、ガラス板、粉筒、粉匙、漉紙、あしらい毛棒、弁柄ほか)
テキスト代:500円
持ち物:直したい器(小皿、湯呑、茶碗など数点をご用意下さい)、エプロン、切り出しナイフ、ボロ布、筆記用具、ビニール手袋
お問い合わせ・ご予約:倉敷民藝館 086-422-1637
*本講座は漆を使用します。かぶれる恐れがありますので、あらかじめご了承ください。

2013年

3月

11日

アフリカの美術・工芸展

2013年3月17日(日)から24日(日)終了しました 
 
会場-サロン・ド・ヴァンホー

アフリカの美術・工芸展と名付けましたが、アフリカは広大で自分でも乱暴な括り方
と思います。思い起こせば少年期にターザンや少年ケニア等の劇画に魅了されて以来、
現在まで触発され続けているといったら良いでしょうか。気がつけばアフリカの物達
が我が身の周辺に居付き、浸食されるまでになりました。「守・破・離」という考え
に添って、このあたりで一度整理をしたいと思い、気に入って下さる方に、譲ること
を思いたちました。もとより個性の強い、マイナーな存在だと思っていますので、
一人よがりの展示になるのも覚悟です。いままで自分のところに寄ってきたアフリカ
の物達に囲まれて一週間過ごせれば、それはそれで幸せかとの心境でもあります。
人類発生の地といわれるアフリカ、古代文明が栄えたエジプト、特異な造形の西アフ
リカの木工、力強い染織品等、遠くて近い国、アフリカに思いを馳せる一週間です。
アフリカにも早く春がきますことを。
                                  内山貞和

サロン・ド・ヴァンホー リンクは こちら

2013年

3月

01日

2013年 春の旅行 ご案内 主催:岡山県民藝協会

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 期 日        2013年3月31日(日)終了しました

2. 集合場所・時間       倉敷駅北口 am 7:30 
                岡山駅西口(全日空ホテル前の路線バス停)am 8:00

3. 費 用           会員8,000円  非会員9,000円

4. 申し込み期限    2013年3月23日(土)〆切ました

5. 申し込み・問合わせ 倉敷民藝館に直接、電話かFAXにて申し込みください。
 参加費は締切日までに、倉敷民藝館に持参もしくは下記にお振込下さい
   <持参>倉敷民藝館 TEL/FAX 086−422−1637
   <振込>郵便振込口座 01350−9−79329 岡山県民藝協会 行事係

6. キャンセル料 3月30日(土)午前中まで 半額 返金します。
         3月31日(日) 当日   全額 頂きます。

7. 行 程 

型絵染 三代澤本寿展 神戸ファッション美術館 リンク
昼食 櫻正宗記念館 酒蔵ダイニング・櫻宴(料理・添)リンク
濱田庄司の茶碗展 大阪市立東洋陶器美術館 リンク

岡山駅西口着 pm6:30頃 倉敷駅北口着 pm7:20頃 予定

2013年

3月

01日

倉敷民藝館・倉敷雛めぐり

現在、倉敷民藝館では「倉敷雛めぐり」に関連して切絵雛を展示しています。
こちらの受付横のスペースは無料でご覧頂けます。

倉敷民藝館内 いろりの部屋の床の間には、芹沢銈介作の型絵染を展示中です。

倉敷雛めぐり
~3月10日(日)まで終了しました

2013年

2月

12日

小谷真三 ガラス展

2013年2月14日(木)から2月20日(水) 終了しました
 
会場-広島 福屋八丁堀本店7階美術画廊  

 この度、福屋八丁堀本店にて久し振りの展覧会を開催させて
く事になり、力いっぱいの仕事を致しました。皆様には、長
い事お世話になって、ここで一つ喜んで見て頂く会を催したいと思いました。
どうぞよろしく御高覧の程お願い申し上げます。
                        小谷真三

福屋八丁堀本店 リンクは こちら

2013年

2月

10日

吹きガラス55周年 喜寿記念 舩木倭帆 吹きガラス展

■2013年月2日(水)から25日(月) 終了しました
 
■会場 阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー  
午前10時から午後8時(但し、金・土曜は午後9時まで、 最終日は午後6時閉場) 

阪急うめだ リンクは こちら

2013年

2月

08日

型絵染 三代澤本寿 展

■2013年1月24日(木)から4月2日(火) 終了しました
 
■会場 神戸ファッション美術館  着物(和装)の方は、無料でご入館いただけます。 

2002年に93歳で亡くなられた三代澤本寿さんの展覧会が関西で開かれています。

1909年 長野県松本に生まれ 柳宗悦、芹沢銈介と出会い、美しい物を見極める目と
心を育て松本の地を活かした制作活動をされ力強い作品を多く残されました。
岡山ではあまり見る事が出来ない作品です。

神戸ファッション美術館 リンクは こちら
三代澤本寿ホームページ リンクはこちら

2013年

1月

22日

倉敷民藝館・ワークショップ「フェルトのお雛様を作りましょう ―羊毛からフェルトへ~フェルトからお雛様へ―」

2/23(土)~3/10(日)の倉敷雛めぐりに併せてワークショップ「フェルトのお雛様を作りましょう ―羊毛からフェルトへ~フェルトからお雛様へ―を開催いたしますカラフルな羊毛を使用して、お雛様とお内裏様をペアで作ります。江戸時代末期の米倉を改装した建物の中でのワークショップをお楽しみ下さい。

 

ワークショップ
フェルトのお雛様を作りましょう ―羊毛からフェルトへ~フェルトからお雛様へ―

 

フェルト化させた羊毛を、ニードルで刺して形作り、お内裏様とお雛様を作ります 
日時:月2日(土)0~15:終了しました
会場:倉敷民藝館 1号館1F特設ギャラリー
定員:15名
料金:2000円(材料費・入館料込)
持ち物:エプロン、はさみ、古タオル1枚
講師:三谷恵子氏(フェルト作家
※倉敷民藝館まで要申込 
財団法人 倉敷民藝館 
710-0046 岡山県倉敷市中央1-4-11
Phone / FAX 086-422-1637 

 

2012年

12月

03日

ガラスのクリスマス

■2012年12月8日(土)から12月25日(火) 終了しました
 

観光や町散策をしながら、自由にガラス作品を鑑賞できるプロジェクトです。
岡山を中心に活躍する50人のガラスアーティストによる、
湯郷温泉の旅館や施設を舞台とした大展覧会。
第3回目となる今年は、”伝える” をテーマにいろいろなイベントを用意しています。
 
小谷真三 氏 季譜の里 10:00−21:00
小谷栄次 氏 ポピースプリングス 10:00−21:00

湯郷温泉アートプロジェクト リンクは こちら

2012年

11月

30日

倉敷硝子 小谷真三展

■2012年12月7日(金)から11日(火)終了しました 

 

■会場 融民芸店 (月曜日も営業します)


暮らしの中に豊かな彩を添えてくれる器が揃っています。

 

2012年

11月

30日

松本行史 木工展

■2012年11月30日(金)から12月6日(木) 終了しました

 

 

■会場 倉敷天満屋4階美術画廊  最終日は午後4時閉場 


松本さんの作品は国産の胡桃材を使用して、槍鉋で削り、漆で仕上げます。今展では、家具以外に『刳りもの』に多く取り組まれました。松本さんの今の仕事を是非ごらんください。皆様のご来場をお待ちしております。



倉敷天満屋 リンクは こちら

松本家具研究所 リンクはこちら

 

2012年

11月

25日

倉敷民藝館・ギャラリートーク「外村吉之介と岡山の民藝」

企画展「外村吉之介と岡山の民藝」 関連企画として、期間中、毎月講演者をお呼びして、外村初代館長とのエピソードやどのような影響を受けたかなどのお話を聞くギャラリートークを開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日程予定:平成24127日(金)終了しました 

タイトル:「外村吉之介と岡山の民藝」 

講演者:石上信房氏(倉敷本染手織研究所所長)
 
日程予定:平成25112日(土) 終了しました
タイトル:「外村先生との思い出」 
講演者:上田睦子氏(染色家) 

日程予定:平成2529日(土) 終了しました
タイトル:「外村先生から教わったこと」 
講演者:小谷眞三氏(ガラス職人)

日程予定:平成2539日(土) 終了しました
タイトル:「外村先生と手まり」
講演者:倉敷手まり会

日程予定:平成25413日(土) 終了しました
タイトル:「外村先生とモノの見方の教え」
講演者:小林融子氏(融民芸店店主)、小柳晃氏(農業)

日程予定:平成25511日(土)終了しました
タイトル:「外村先生の導きで」
講演者:大賀紀美子氏(日本郷土玩具館館長)

日程予定:平成2568日(土) 10月に延期になりました
タイトル:「外村館長のこと」(仮)
講演者:三宅登志夫氏(倉敷民藝館理事)

  各回とも1400~ 約3060分間を予定
参加費 無料(ただし、要入館料) 
定員  50名まで

倉敷民藝館まで要申込

皆様、お誘い合わせの上、お越し下さい。
お待ちしております。

 

2012年

11月

25日

企画展「外村吉之介と岡山の民藝」

平成2412日(金)~平成25年630日(日)

 12~2月 9:0016:15(入館受付は16:00迄)

 3月~    9:0017:00(入館受付は16:45迄)

 休館日は月曜日(ただし祝日は月曜日開館)、年末年始(12/29~1/1)

 出品予定品 岡山県内の染織品・ガラス・陶磁器、編組品・紙工品等約200点

 入館料   大人700円 学生400円 小人300

財団法人 倉敷民藝館 
710-0046 岡山県倉敷市中央1-4-11
Phone / FAX 086-422-1637

2012年

11月

20日

倉敷本染手織会作品展のお知らせ

■2012年11月20日(火)から11月25日(日)終了しました

■会場 倉敷民藝館  最終日は午後4時閉場 

1953年に故 外村吉之介が創立した倉敷本染手織研究所の卒業生の仕事をご覧下さい

品目 ノッティング(椅子敷) マフラー ショール 着尺 帯 のれん 

   テーブルセンター 花瓶敷 バッグなど

材料 木綿、絹、毛、麻など

染料 藍 刈安 楊梅皮 弁柄 コチニールなど

倉敷本染手織研究所 リンクはこちら

 

民藝協会行事予定

まめの会 次回は未定

 

アンケート募集中です

 

第13回の様子はこちら

 

展示会情報

掲載情報

Lue 菊地流架さんがBS日テレで紹介されました

三宅松三郎商店がBS日テレで紹介されました

備中和紙がBS日テレで紹介されました

倉敷緞通がフジテレビ−みんなのふるさと−で紹介されました 

倉敷民藝館

企画展

「陶工 金城次郎と沖縄の工藝」

2017.6.9から12.3

日本民藝館

柚木沙弥郎 92年分の色とかたち